うる星やつら オリジナル小説 - 11ページ

このコーナーは、みなさんのオリジナル・シナリオ、小説などを募集、掲載するページです。
台本風に書いてみたり、小説風に書いたりと、文書であなたのうる星を表現してみてください(^^)

小説(シリーズ別)

[戻る] [最新ページ] [前ページ] [次ページ]
[__1] [__2] [__3] [__4] [__5] [__6] [__7] [__8] [__9] [_10] [_11] [_12] [_13] [_14] [_15] [_16] [_17] [_18] [_19]

106. 時は夢のように・・・。「第三話(其の弐)」 - 2004/10/22 - Text
作者 : 狐鈴さん
 続きが完成致しました。其の弐で第三話は終了です。一風変わった「うる星」の世界ですが、大きな心で読んでやってくださいませ。
管理人コメント:
あたるの苦悩がにじみ出ています……(笑)
「もしこんなキャラが登場したらこんな展開になるんだろうな」と思わせるような書き方で、すごく読み易いですね(^^)
更に新キャラ登場ですが、どう絡んでくるのか楽しみです (^-^)

[戻る] [最新ページ] [前ページ] [次ページ]