うる星やつら オリジナル小説 - 12ページ

このコーナーは、みなさんのオリジナル・シナリオ、小説などを募集、掲載するページです。
台本風に書いてみたり、小説風に書いたりと、文書であなたのうる星を表現してみてください(^^)

小説(シリーズ別)

[戻る] [最新ページ] [前ページ] [次ページ]
[__1] [__2] [__3] [__4] [__5] [__6] [__7] [__8] [__9] [_10] [_11] [_12] [_13] [_14] [_15] [_16] [_17] [_18] [_19]

110. 時は夢のように・・・。「第五話」 - 2005/02/02 - Text
作者 : 狐鈴さん
 この小説も第五話目。今回、あたるのイメージをちょっとだけ変えてみました。高校三年にもなれば、少しは落ち着くだろうという考えから、ほんの少しだけ「まじめ」をプラスしてみました。
 原作とかけ離れている為、目に見えて違和感がありますが、ここはぐっと堪えて読んでやって下さいませ。
管理人コメント:
あたるの内面が面白く書けてますね (^^)
あたるが妄想で狼狽する様がおかしくて、笑わせていただきました(笑)
そんなにキャラの性格がかけ離れてるとは思わないので、この勢いで突っ走りましょう! (o^ヮ’)b

[戻る] [最新ページ] [前ページ] [次ページ]