うる星やつら オリジナル小説 - 12ページ

このコーナーは、みなさんのオリジナル・シナリオ、小説などを募集、掲載するページです。
台本風に書いてみたり、小説風に書いたりと、文書であなたのうる星を表現してみてください(^^)

小説(シリーズ別)

[戻る] [最新ページ] [前ページ] [次ページ]
[__1] [__2] [__3] [__4] [__5] [__6] [__7] [__8] [__9] [_10] [_11] [_12] [_13] [_14] [_15] [_16] [_17] [_18] [_19]

116. 時は夢のように・・・。「第6話〜心と心は・・・。」 - 2005/07/17 - Text
作者 : 狐鈴さん
お久しぶりでございます。第六話を投稿させていただきました。今回では、あたるとラムの『優しさ』を自分なりに書いたつもりです。
「それはちょっと違うだろ」と思うところもありますでしょうが、またまたぐっと堪えて読んでみて下さいませ。
管理人コメント:
今までに見えたあたるの優しさを満遍なく出した、という感じですね(笑)
優しすぎな中でも、ちゃんとあたるらしさが見えていて良かったと思います (^-^)
パーマ、あたるの父なんかもいい味だしてましたよ(笑)

[戻る] [最新ページ] [前ページ] [次ページ]