うる星やつら オリジナル小説 - 15ページ

このコーナーは、みなさんのオリジナル・シナリオ、小説などを募集、掲載するページです。
台本風に書いてみたり、小説風に書いたりと、文書であなたのうる星を表現してみてください(^^)

小説(シリーズ別)

[戻る] [最新ページ] [前ページ] [次ページ]
[__1] [__2] [__3] [__4] [__5] [__6] [__7] [__8] [__9] [_10] [_11] [_12] [_13] [_14] [_15] [_16] [_17] [_18] [_19]

140. 時は夢のように・・・。「第九話」 - 2007/10/14 - Text
作者 : 狐鈴さん
 第九話です。今回がちょっと大変でした。何が大変って資料集めです。話中に結婚式のシーンが出てきますが、状況説明が出来ない苦しさ・・。結婚式に関する情報をひたすらかき集めました。それでもよく分からん・・。どんだけ頭を抱えたことか。ぶっちゃけ自信ありません。
 私の苦心のストーリーです。是非読んでやって下さいませ。是非、是非是非。
管理人コメント:
う、これまた気になるところで終わりましたね (^^;
面堂、パーマの登場のところとか、ラムのあたるへの突込みとか、情景が目に浮かんで楽しいですね (^^)
説明くさいわけじゃないのに、自然に雰囲気が伝わってくるのが凄いですね。

[戻る] [最新ページ] [前ページ] [次ページ]