うる星やつら オリジナル小説 - 3ページ

このコーナーは、みなさんのオリジナル・シナリオ、小説などを募集、掲載するページです。
台本風に書いてみたり、小説風に書いたりと、文書であなたのうる星を表現してみてください(^^)

小説(シリーズ別)

[戻る] [最新ページ] [前ページ] [次ページ]
[__1] [__2] [__3] [__4] [__5] [__6] [__7] [__8] [__9] [_10] [_11] [_12] [_13] [_14] [_15] [_16] [_17] [_18] [_19]

23. 死闘!メガネVS面堂軍団!!(1) - 2002/03/03 - Text
作者 : 黄色い流れ星さん
銃の右側に有るセレクターレバーを「ア」に合わせ、引金の前にある弾倉室にマガジン弾倉を装着する。

「止めろ、もう遅い・・・。非常な様だが犠牲は覚悟の上ではないか。・・・チビは立派に戦ったのだ」
友の犠牲を乗り越え『あの人への想い』の為に男は巨大な敵に挑みかかる。
黄色い流れ星がおくる異色のハードボイルドアクション第3段

っと言う事で「スクランブル〜」の続編です(^o^)丿
アニメでは描かれて無かったエピソードも加えメガネの活躍を書いて見ました。
感想など聞かせて貰えると嬉しいです。
なお、この作品の執筆にあたりONLYさんに御協力いただきました、多謝。
管理人コメント:
第三弾ですね (^-^)
今回もボリュームが有り、読み応え有ります。
状況説明もしっかりしていて、その場その場が目に浮かんでくるようです (^^)

[戻る] [最新ページ] [前ページ] [次ページ]