うる星やつら オリジナル小説 - 11ページ

このコーナーは、みなさんのオリジナル・シナリオ、小説などを募集、掲載するページです。
台本風に書いてみたり、小説風に書いたりと、文書であなたのうる星を表現してみてください(^^)

小説(シリーズ別)

[戻る] [最新ページ] [前ページ] [次ページ]
[__1] [__2] [__3] [__4] [__5] [__6] [__7] [__8] [__9] [_10] [_11] [_12] [_13] [_14] [_15] [_16] [_17] [_18] [_19]

109_2. 不運・幸運〜後編〜 - 2005/01/23 - HTML
作者 : 暇人kobaさん
コメント無し
109_1. 不運・幸運〜前編〜 - 2005/01/23 - HTML
作者 : 暇人kobaさん
初投稿です。暇人kobaと言います^^;
今回はダークな感じになってしまいましたが(思いっきりダークですが^^;)読んでみてくださいな。
なお、あたる好きの人は心して読んでくださいね・・・。
管理人コメント:
初投稿ありがとうございます (^-^)
いきなりダークに突入してますね (^^;
何故あたるが事件に巻き込まれたのかとか、もうちょっと事件の関連性があるとよかったかもですね (o^ヮ’)b
108. 若社長vsヒラ社員17&18 - 2004/12/14 - Text
作者 : うっひゃめさん
…寝る子は育つ。(笑)
こともあろうに、自分の勤めている会社の若社長を「眠いから」という理由で道端に捨てて帰るヒラ社員(爆笑)
管理人コメント:
コンビニ行ったり、公園でアイス食べたりと、面堂も随分と一般社会になじんでいるみたいですね(笑)
107. 時は夢のように・・・。「第四話」 - 2004/11/08 - Text
作者 : 狐鈴さん
 この話で第四話目。自分としては、あまり恋愛小説というのは、書きずらかったり読みずらかったりして、得意としないのですが、今回は自分なりに頑張って「あたるとラムの恋愛」って感じ(?)で書かせて頂きました。どぞ、歯を浮かせつつ読んでやって下さいませ。
管理人コメント:
読み応えたっぷりの内容ですね (^^)
あたるの誕生日の模様が、うる星らしいというかなんというか……(笑)
耳を浮かせつつ読ませて頂きました(笑)
106. 時は夢のように・・・。「第三話(其の弐)」 - 2004/10/22 - Text
作者 : 狐鈴さん
 続きが完成致しました。其の弐で第三話は終了です。一風変わった「うる星」の世界ですが、大きな心で読んでやってくださいませ。
管理人コメント:
あたるの苦悩がにじみ出ています……(笑)
「もしこんなキャラが登場したらこんな展開になるんだろうな」と思わせるような書き方で、すごく読み易いですね(^^)
更に新キャラ登場ですが、どう絡んでくるのか楽しみです (^-^)
105. 高校野球編:夢の場所・元の場所(後編・最終話) - 2004/10/17 - Text
作者 : 毘沙門天さん
終わった。やっと終わりました。正直言ってかなり疲れました。今年の一月から始めて、十月に完結いたしました。思えば、強引な人物設定と強引なストーリー展開が連発したかのように感じます。ただ、かなりの経験が積むことが出来たようにも感じます。次の作品でそれを活用したいですね。あと、第三話の中編で某有名野球漫画の試合展開を参考にしているとコメントしましたが、その作品というのがあだち充氏の「タッチ」です。この作品も、タッチみたいな作品を作ってみたいと思ったところから始めました。ただ、全然雰囲気が違うことは素人ぶりを証明してしまいましたが・・・。まあ、取り敢えず経験だけは積んだことは確かです。
管理人コメント:
長編お疲れ様でした (^O^/
うる星で野球という異色にもかかわらず、見事に書ききりましたね(^^)
シリアスな内容で、いつも読むのに夢中になっていました。
最後の最後は……なんとも心憎い終わり方ですね。
原作同様、色々思い描いて楽しませて頂きます (^-^)
104. リバースリバース〜先祖をたどれ(3) - 2004/10/07 - Text
作者 : タイガーさん
今回のは少しさらっとしすぎた気もしますが(汗)
ついにあたるが○○に!!この次は面堂出演予定。
管理人コメント:
あたるの取り乱しぶりが面白いですね(笑)
鬼族の特性をそっくり引き継いでいるのもなかなか良いと思います (^-^)
103. 若社長VSヒラ社員 - 2004/10/05 - Text
作者 : うっひゃめさん
あたるは面倒をみると決めたら、意外と世話好きなのではと思うのは私だけかな…。とりあえず私のイメージとしては、会社では終太郎があたるの世話を、会社の外ではあたるが終太郎の世話を無意識的にしているという感じなのですが…しかし…小学生でも言わないような口げんか。2人ともどっちもどっちね…(爆笑)
管理人コメント:
そうですね〜
相手が面堂だと木槌で叩きのめしてそのまま放置しそうな気もしますけど、意外とこんな一面もあるかもしれないですね。
102. リバースリバース〜先祖をたどれ(2)〜 - 2004/08/26 - Text
作者 : タイガーさん
とにかくわかりやすく書こうと努力してみましたが、なにやら欠けてるような・・・
まだまだ未熟ですが、よろしくお願いします。
管理人コメント:
節分のときのようなノリになってきましたね (^^)
ラムがあたるに惹かれたのも先祖が影響してたりして?(笑)
状況描写とかは適度に書かれていて分かりやすいと思いますよ (^-^)
101. 時は夢のように・・・。「第三話(其の壱)」 - 2004/08/24 - Text
作者 : 狐鈴さん
なんとなく、くの一のかえでを彷彿とさせるようなキャラですね(笑)
アニメ版でそのままでてきそなくらいです。
後半のメガネの壊れっぷりには笑わせてもらいました(笑)
管理人コメント:
なんとなく、くの一のかえでを彷彿とさせるようなキャラですね(笑)
アニメ版でそのままでてきそなくらいです。
後半のメガネの壊れっぷりには笑わせてもらいました(笑)
100. 「高校野球編:夢の場所・元の場所(中編)」 - 2004/08/24 - Text
作者 : 毘沙門天さん
ハイ、誰もが予想していた通り、終わらないこの作品。終わらないと愚痴をこぼす(?)のにも飽きた次第です。
さて、一つ気付いたのですが、このオリジナル小説コーナーに掲載されている作品が、今、自分がコメントを書いている時点で99作目ということ見たいですね。100作目を狙うには投稿が遅すぎかなと思いつつも、射程圏内ではないということはないので、ほぼ不可能ながら狙っています。やっぱり、うる星やつらは小説が書きやすいんでしょうね。これだけ設定に縛られない漫画も珍しいと思います。「なんでもあり」がうる星やつらの真骨頂の一つですから。良いことの様に感じています、ハイ。
管理人コメント:
コースケが倒れ、九回の裏・・・
読んでるだけでドキドキもんです。
メンバーの熱意がすごく伝わってきますよねっっ(><ノ

ご想像の通り、記念すべき小説100作品目は毘沙門天さんになりました♪
作者の方々に感謝感謝です m(_ _)m

[戻る] [最新ページ] [前ページ] [次ページ]