うる星やつら オリジナル小説 - 7ページ

このコーナーは、みなさんのオリジナル・シナリオ、小説などを募集、掲載するページです。
台本風に書いてみたり、小説風に書いたりと、文書であなたのうる星を表現してみてください(^^)

小説(シリーズ別)

[戻る] [最新ページ] [前ページ] [次ページ]
[__1] [__2] [__3] [__4] [__5] [__6] [__7] [__8] [__9] [_10] [_11] [_12] [_13] [_14] [_15] [_16] [_17] [_18] [_19]

69_2. がんばれ 4 - 2004/02/07 - Text
作者 : りんごさん
やっと本文は入れます。
うれしいです。
69_1. がんばれ 3 - 2004/02/07 - Text
作者 : りんごさん
ろっぢさんの行ったとうりにラムちゃんの
出番を出して見ました。いかかでしょうか?
管理人コメント:
小説というよりはアニメの台本のような構成ですね。
名前が一文字に省略されてるのはちょっと分かり辛いかも?
これから本文ということで、先が気になります (^^)
68. Welcome To Another World(Chapter 5) - 2004/02/06 - Text
作者 : Toshioさん
しかしなかなか別世界に行けませんね。タイトルが泣いてます。
私はフランス語はよく分かりませんが、ジャンヌ(Jeanne)で多分よかったんじゃないかと思っています。
私事ですみませんが、この前スキーに行ってまいりました。そのうちスキーを使ったストーリーも考えてみたいと思います。
管理人コメント:
そういえば話が大分進んできていますが、未だにタイトルの意味が・・・ですね (^^;;
次回辺りの話の中心となるであろう場所のことなのでしょうか。
色々考えるのもまた楽しいですね (o^ヮ’)b
67_2. がんばれ 2 - 2004/01/30 - Text
作者 : りんごさん
今回はラムちゃんの出番がなく
陽炎の出番が多くなってしまいました。
まだ続くと思います。
67_1. がんばれ 1 - 2004/01/30 - Text
作者 : りんごさん
この話だけだったらきっと、いや絶対この話の題の意味が分からないと思います。
最後の方になると分かると思います。
・・・気が向いたら書くと思います。
管理人コメント:
「スクランブル!〜」みたいにラム救出モノになると、ラムの出番が少なくなるのは仕方ないかもですね (^^;
さらわれた後のラム側の話とかも出てくると良いかも?(o^ヮ’)b
66. Welcome To Another World(Chapter 4) - 2004/01/28 - Text
作者 : Toshioさん
実はこの作品、もう今から3年ぐらい前から構想していた作品なんです。
ちょうどその頃は、ビデオで見た「いつだってマイダーリン」に失望していた頃で、
そのときの「私ならこうする!」という思いがこの作品を生みました。
管理人コメント:
今回のシリーズも早くも第4話目となりましたね。
3年前からとは随分温めていたんですね (^-^)
「いつだって〜」はちょっと・・・な作品なだけに、確かに色々手の加えようがありそうです(笑)
65. うる星やつら:クイズ - 2004/01/25 - Text
作者 : りんごさん
りんごは12才です。パソコンはまだ素人です。
問題と答えちがうかもしれません。
怒らないでくださいね。
管理人コメント:
クイズ形式というのはユニークですね (^-^)
本文中の答えは伏せてあって、最後に回答があるというのはなかなかの心遣いだと思います。
ちなみに一問も分かりませんでした……(汗
64. Welcome To Another World(Chapter 3) - 2004/01/23 - Text
作者 : Toshioさん
ついに明らかになった敵の首謀者の正体。それぞれ、フィリップ(Philip:愛称フィル)、メリッサ(Merissa:愛称メリー)、ステファニー(Stefenie:愛称ステフ)、ジェニファー(Jenifer:愛称ジェニー)、ティモシー(Timothy:愛称ティム)、マシュー(Mathew:愛称マット)といいます。
ちなみにスーペリオルとは、superiorのことで、インフェリオルとは、inferiorのことです。
中学時代、be superior(inferior) to〜という形で習いましたよね?
管理人コメント:
前回から一転して戦争色になってきましたね (^^;
最初からこんなに死んでいって大丈夫なのかな・・・とちょっと心配に(笑)
救われるような展開になることを祈ってます(−人−)
63. 時は夢のように・・・。 - 2004/01/20 - Text
作者 : 狐鈴さん
初投稿です。この物語は、某ゲームの流れを引用しております。
その為、駄文はもとより、内容の矛盾は当たり前。その他、お見苦しい場面も多々ございましょうが、なにとぞ、ご容赦の程ヨロシクお願い致します。m(_ _)m
尚、無謀かと思いますが、小説の続きの方も予定しております。もし、この小説で何か感じ取れるモノがございましたら、また読んでやって下さいませ。
管理人コメント:
初投稿ありがとうございます (^-^/
状況描写がすごく上手ですね (^^)
続きはあるんですよね? 最後まで読んで「あれ、続きは?続きが読みたい〜」と欲求が出ました(笑)
アニメを見てるような感じで楽しく読めましたよ♪
62. Welcome To Another World(Chapter 1&2) - 2004/01/17 - Text
作者 : Toshioさん
遅ればせながら、明けましておめでとうございます。今年最初の投稿となりました。
このChapter1・2を見ただけではまだタイトルの意味は分からないと思います。
続編もじきに投稿しますので、請うご期待!
管理人コメント:
アニメ版を見ているような感じの出だしですね (^^)
どんな別世界がまっているのかが楽しみです (^-^)
文章量が多い場合、適度に空行や段落があると読みやすくなって良いと思いますよ (o^-’)b
61. 4人*殺人事件 - 2004/01/11 - Text
作者 : 佳美さん
コメント無し
管理人コメント:
初投稿ありがとうございます (^-^/
短編サスペンスですね。
最後がもう少し盛り上がると読み応えあると思います (^^)
60. パラレルうる星小説PART1「高校野球編:第1話最初の夏・最後の夏」 - 2004/01/04 - Text
作者 : 毘沙門天さん
作品数の多さだけが自慢の毘沙門天の今年最初の作品です。あ、その前に明けましておめでとう御座います。
さて、今回は高校野球編と言うことで始めたのですが、前回も言った通り野球に関してはド素人です。そのせいか、何となくテンポが悪い(まあ、いつものことです
が)。野球の経験者の人は読んでいて「んなわけねえだろ、馬鹿野郎」とは思っても気にしないでください。それから作中にも描いてありますが、キャラの名前、および呼称が従来の物とは変わっています。出来るだけ従来の物と合わせていますが、どうしても無理な場合がありますので、そこんとこ、よろしく。
管理人コメント:
原作にも野球の話はありましたが、ギャグで終わったので、本格的な話を楽しみたい方にはぴったりではないでしょうか (^-^)
自分も野球はド素人ですが、テンポが悪いとは特に感じませんでしたよ。
配役はなかなかツボをついてると思います。監督なんか適役ですよね(笑)
呼び方は、武蔵編でラムが「ダーリン」と呼んでたのを考えると、変えなくても良かったような気はしますね (^^;;
ちょっと違和感ありました(笑)

[戻る] [最新ページ] [前ページ] [次ページ]